Classic doll

 ノベルティの産地、瀬戸では「古代人形」と呼ばれ、そのほどんどが輸出されていました。

​優雅なものから、あどけない可愛さのあるものまで、種類もサイズも様々です。

「瑠璃(るり)」と呼ばれる深いブルーの下絵具や、「マロン」と呼ばれる赤紫の上絵具を使ったものが多く、上品で飽きの来ないデザインが特徴です。